11/23(土)11:00~ レバレッジの力で自己資金を活かす!【潮目を読むこれからの融資航海術!】

↑セミナーのお申込みはこちら↑

 

10月、融資の潮目が変わりました。

不動産投資に対する金融機関の融資情勢は、

銀行、支店、担当者だけではなく、

その時々で状況がめまぐるしく変化するので、

すぐに情報が陳腐化してしまいます。

特に改変期となる4月&10月は

金融機関内の人事異動も含め

ドラスティックに融資情勢が変化します。

そんな中で、今期一番のトピックスは

不動産融資に積極的なあの都銀が

11月以降はサラリーマン向けの融資を

停止するというものです。

実際に、ある弊社顧客より

その都銀で審査中の案件が、

10月中にも関わらず

前倒しで審査中止の連絡を受けた

という情報も入ってきております。

そんな状況下ですから、

融資を受けたい投資家の方々は

この状況に柔軟に対応する必要があります。

 

★セミナーのお申込みはこちら★

 

そう、最強と謳われた恐竜が滅びた石器時代に

生き残ったネズミのように。

これからの不動産投資業界は、

現在の融資環境の変化に柔軟に対応出来るか否かで

投資家として生き残れるか否かが決まります。

勿論、誰でもが物件を買える状況ではありませんが、

ある一定条件がクリア出来れば

取れる戦略はまだまだあります!!

あるカギを持って臨む人であれば、

この難しい状況を打破し、

金融機関から融資を受け、

難なく不動産投資を続けられています。

その1つは、

「確立した情報力」

です。

弊社では、この情報力によって

金融機関情報や非公開物件の最新情報を

日々アップデートしているので

・手出しを最小限に抑える融資の組み立て方

・安定したCFを生み出せる真の優良物件

・融資に積極的な金融機関(支店・担当含)

等々・・・。

あなたの属性と要望をくみ取りながら

「こんなはずじゃなかった・・・」

を回避するための適切な助言、軌道修正を

サポートさせて頂いております!!

ただし・・・

 

融資のトビラを開くためのカギは

この1本だけでは足りません。

残りのカギは全部で3本。

これらのカギについては、

“当セミナーへご参加頂いた方だけ”に

特別にお教え致します!

個々の条件により

進むべき方向は違ってきますので、

必要となるカギを駆使し

チャンスの扉を開く為の

戦略をご提供致します。

 

★セミナーのお申込みはこちら★

 

※融資にウルトラCは無いので

債務過多の場合はご対応できない場合があります。

※不動産業者及び関係者は固くお断り致します。

※ノウハウコレクターの参加はお断り致します。


セミナー参加フォーム



時間:



時間:



時間:

●プライバシーポリシー
本メールの送信については、以下の内容を同意したものとみなしますので、内容は必ずご確認下さい。

ブログ

  • 投稿がありません。