高齢者に対する賃貸住宅の入居対策vol.2

こんにちは!まだまだ暑い日が続き、ぐったりですが

秋は目の前!もうひと踏ん張り頑張りましょう!!

本日は前回に続き、オーナー様も高齢のご入居者様も安心して暮らせるポイントをお話いたします。

 

①外部機関で安否確認サービス

電話、メールなどを活用して、安否確認を行い、連絡がつかない場合には、指定された方に連絡するサービスがあります。

②死亡事故に対する原状回復と家賃保証

万が一、死亡事故があった際の、原状回復費や、空室期間の家賃保証をする会社があります。

③生活支援のコールサービス

介護タクシー手配、お弁当の手配、その他お困りごとにオペレーターが対応するサービスがあります。

④家賃保証サービス

上記サービスを月々有料で行う会社が出てきましたが、

そういったサービスがついている入居者には、家賃保証会社

も家賃保証の審査を通すようになりました。

 

オーナー様にとっては、今まで入居する事に戸惑いがあった高齢者層に対しても、各種新しいサービスを活用する事で、より積極的な空室対策も可能になりました。改めて、人口減の現在でも、入居者数が増えている高齢者層の入居対策について、考慮されてはいかがでしょうか。ご相談等ございましたらお気軽に弊社までご連絡ください!